2017/07/07 20:39




秩父を拠点に活動する木工作家のうだまさしさん。
舞台美術や家具の制作などを経て、現在はテーブルウェアなどを主に手がけている。

高校からデザインを学び、北欧デザインからアフリカの民芸品まで、
様々なジャンルのものづくりへの興味と引き出しを持ちながら、
日々、新たな柄や手法を取り入れて、作品を生み出している。

うださんの、自然溢れる秩父のご自宅兼アトリエに伺い、お話を伺って来た。

インタビューvol.2は制作について。



Masashi Uda(Wood craft artist)

1)Could you describe your art pieces in 3 words?
A : free, affection, only one

2)What do you like about wood?
A : Changing of the texture.

3)Do you have some kind of occupational disease?
A : Creating rather than resting.

4)What do you especially care about while you are making pieces?
A : Carved shape. Keeping some rule and texture when carving.

5)How long does it take to make the piece on below and how do you make it?
A : 3-4 hours to carve the texture on the surface then, finishing on backside.
I can only create 3-4 pieces a day.

6)When/what is the most exciting moment when you are creating artwork? 
A : When I could make "good shape”.


[ 木工では珍しい、ろうけつ染の作品と、染め液。]

[ Q5で伺った、1日に3-4枚しかつくれない器 ] 

[ 機械での削り出しまでを終えたスプーン。ここから手作業。]

[ ろうけつ染の作品にインスピレーションを与えたアフリカの民芸品。]

うださんの器は7月15日からKIANにてご覧(ご購入)いただけます。

【To You<Summer'17>】
夏、おうちで過ごす時間を涼しく彩る器とテキスタイル。
2017/7/15/sat. - 8/6/sun
Opening hours :  12:30-19:30
Closed on Monday
by
MIRADOR / Masashi Uda / Mizuho Takeda / Shoko Sasaki 
and more...

1-3-21-2F Jiyugaoka, Meguro-ku, Tokyo, Japan
東急東横線、大井町線「自由が丘駅」より徒歩5分